お役立ちコラムcolumn

充実のSAよありがとう!!

ずらりと並んだ傘マークとにらめっこの朝。「よし行くしかない。」

  翌日の仕事先である西に向かう日の朝だった。家を出るとなかなかの雨。向かう先は晴れている。それを信じて出発した。ところが一番雨の激しい時間に出たようで走り始めて5分もしないうちにレインウエアの縫い目から雨が染み込み始め、ついには隙間から入り込んだ雨水でジャケット内もひんやり。粘りに粘ってケチって数年も使い込んだレインウエアにはもういっぱいいっぱいの雨。

ここで一句。
    「ケチるなよ!消耗品とレインウエア」

  高いものを買えというわけではなく、こまめに代えてちゃんと手入れをすればいいのですが、使用頻度も高いので、消耗もきっと激しかったのかもしれません。 西に進むにつれ雨は弱まってきたが、予報のように気温は上がらず肌寒さを感じるように。 ここで私の葛藤が始まる。名古屋あたりまで行けば晴れて気温も上がっているので濡れたジャケット類も乾くだろう、でもそこまで寒さに耐えられるか否か!?あと30kmほど走って足柄で着替えるか!?

足利SAの足湯

  この足柄SAにはたしかお風呂があったはず!かすかな記憶が休憩することを後押しした。足柄というと、東京から1時間ほどでツーリング時であれば走り始めたばかり、そこに立ち寄ることはあっても正直お風呂には入ることはないと思っていた。それがこの時ほどお風呂があってよかったと思う日はなかった。このお風呂がなければ私は風邪をひいて仕事に支障をきたしたかもしれない。

充実のSAよありがとう!!

  足柄SAはいつもにぎわっているが、平日の午前中は入浴施設のある二階は驚くほど静か。お風呂に入りに来るのはトラックの運転手さんと思われる男性ばかり。私は一人貸切状態で入浴することができた。しかもコインランドリーが併設されていた!!!まさか高速のSAでコインランドリーを使うなんて想像もしていなかったが、こんなときに使えるのですね・・・実感。

すべての着用物を着替えて乾燥機にぶちこんだ。
  タンブラー禁止の表示もそんなことは言っていられないほど濡れていて、せっかく風呂に入って、また寒くなるくらいならぶっこめ~!と乾燥機にそのままぶっこんだわけなのです。その間に人間も温まる。これが結構いいお湯で、温度も熱すぎないからずっと入っていられる。浴室内は室内の中こじんまりとしたお風呂と半露天風呂があり、その半露天風呂はどこぞやの温泉から持ってきたお湯だというではないですか!!一人大興奮で泳ぎたい気分。半露天は外を散歩する観光客の話し声を聞きながら、冷え切った体をゆったり解凍。午前中からゆったりお風呂に浸かれるとは、なんと贅沢なのでしょうか。

  風呂から上がれば勢いのいいドライヤーもあり、脱衣所の隣には寝転がれるスペースもある。隣の足湯カフェでは食事もできる。この足湯もひとテーブルごとに香りが違うアロマの湯になっていて、お気に入りの香りのテーブルに座り足を付けると汗をかくほどあったまる。この足湯と足柄の湯だけで十分楽しめてしまいそうだ。次来るときはここを目的地にしてもいいかも!と思う程ずぶ濡れの私を癒してくれた。途中で雨に降られてしまったというときは予定を変えてのんびりSAを満喫するのもいいかも。通過するにはもったいない。いろんな施設を備えるSAやPAこれからも注目ですね。


充実のSAよありがとう!!|バイク輸送・陸送・配送ならBAS