お役立ちコラム?column

「出光・イーハトーブトライアル大会」Part-2

モデルの紗喜花ちゃん

初めてのイーハトーブ

さーて。カワサキZRX400に乗るバイク女子、モデルの紗喜花ちゃんを、岩手で開催されている「出光・イーハトーブトライアル」に連れて行こう~! という作戦の続きです。まだ前回の記事を見てない方は[コチラの練習記]を先に見てくださいネ!

スパ太郎

ちなみにボクは、トライアル超・初心者なのですが、この大会の親善大使に任命されていて6回目の参加です! 「初心者のスパ太郎でも、楽しめる大会」という目線でPRしています。ハイっ! さて今回は、街乗りテクの上達にもなる「イーハトーブトライアルってどんな大会?」 …を紹介します!

Q:紗喜花のギモン① トライアルってどんな競技なの?

スパ太郎:トライアルは、スピードではなくて「足を着かない」「転ばない」など、”バイクの操りテク”を競う競技だよ! スピードが出ていないから、転んだ時のリスクも低いし、ビギナーからベテランまでが自分に合ったレベルで楽しく乗れるのも良い点だよね。トライアルのテクニックは、ロードバイクの上達にも通じるから、きっとさきかちゃんもZRX400での走りが変わるよ!

さきか:ハイ! 少し練習しただけで、普段の街乗りがグン!と変わりました! でもトライアル選手は、スゴイ走りをするので、私には敷居が高そうです…

スパ太郎:うん。オレも最初はそう思ってた…。でも自分のレベルで楽しめるのが、トライアルの良いトコロだよ!

イーハトーブに初参加した時の写真

コレは、バイク仲間のセッちゃんが、イーハトーブに初参加した時の写真。 加点はされるけど、イーハトーブでは無理をせず、足を着いたってOK! 自分のレベルで無理なく楽しめるよ!

Q:紗喜花のギモン② でも私、競技はまだ無理だと思います…

スパ太郎:そうだね…。 でもイーハトーブトライアルは、競技クラスだけじゃないんだ! 参加クラスについて説明するね! こう見えてもオレ、大会の親善大使なので…

さきか:知ってます。練習の時に「あのレベルでも親善大使ってできるのか…」って思いました。

スパ太郎:オイオイ!

ココがイイ! 出光・イーハトーブトライアル

①参加クラスが沢山ある!
競技クラスには、「1日コース」(約100km走行)と、ツーリング度が高い「2日間コース」があって、2日間の方は、太平洋の三陸海岸までを往復するダイナミックなルート(片道約160km)を走るんだ!
【競技ではないクラス】としては、「観戦トレイルツアー」っていう、ツーリングクラスもある! 今回、さきかちゃんを連れて行くのは、この「観戦トレイルツアー」ねっ! 他にも、”トライアルスクール”や”親子バイクスクール”もあるんだよ!

沢山の参加クラスがあります
クラスレベル走行日数クラス名称ツーリング距離
超初心者 (非競技)1日初めてのトライアルスクール
超初級 (非競技)1日トライアルレッスン100Km以内
初級~中級 (競技)1日ネリ約100Km
中級~上級 (競技)1日ブドリ約100Km
初級 (非競技)2日間観戦トレイルツアー約350Km
初級~中級 (競技)2日間ヒームカ約270Km
中級~上級 (競技)2日間クラッシクジュニア約280Km
上級 (競技)2日間クラシック約280Km

スパ太郎:トライアル未経験者なら、先ずは「観戦トレイルツアー」がお薦めだね。競技を観戦しながら、イーハトーブを体験できるツーリングクラスで、林道をちゃんと走れれば参加OK。参加レベルが不明な場合は、大会事務局に問い合わせるとアドバイスしてくれるヨ。参加費はクラスにより¥11,500~¥17,500。20歳以下は保険料のみで、参加費無料。親子割引、団体割引もあるヨ。

さきか:なるほど。自分のレベルや日程にあわせて参加出来るんですね!

走るだけじゃない、イーハトーブトライアルの良いところ!

岩手の自然を満喫!

②岩手の自然を満喫!
特別に解放される牧草地や林道、獣道もあって、日本の原風景が残る岩手の里山をるんだ! クルマでは入れない、絶景ポイントの中にセクションが設置されている場所もあるよ!

さきか:うわぁー。こんなロケーションの中を走れちゃうんですねー!

地元から大歓迎される!

③地元から大歓迎される!
地元の歓迎ぶりがスゴイよ! 道端で呼び止められて、差し入れしてくれたりもするしね! こんなにライダーが歓迎される大会って、他じゃぁあまりないと思うなぁー。

さきか:地元に密着している大会なんですね。

全日本トライアルのトップライダーも参加!

④全日本トライアルのトップライダーも参加!
全日本トライアルに参戦するトップ選手が、一緒に走って、一緒に食事をして、交流が出来ちゃうのもイーハトーブならではの魅力だね! コレは、全日本トライアルのスーパークラスに参戦している、野崎史高選手。 今年もこんなスーパーテクを間近で見られるヨ!

さきか:すごーい! 観戦ツアー、楽しみになって来ました!

⑤そしてBASも、参加者のバイク・トランスポートサービスを行っています!

スパ太郎:…という大会なんだ!

さきか:スパ太郎さんの熱苦しい語りで、イーハトーブの魅力が少しわかりました!

スパ太郎:さきかちゃん、日本語が少しヘンだよ!

Q:紗喜花のギモン③ バイクが無けど、大丈夫ですか?

さきか:でも私、オフロードバイクがないです…。

スパ太郎:そう。それもあったから「観戦トレイルツアー」に参加するコトにしたんだ! このクラスには、ヤマハのセローやWR250のレンタルバイクがあるんだよ。 さきかちゃんには、サスペンションが柔らかく、足つきの良いセローを借りる事にしたよ!

セローで練習中

練習の様子はコチラから
「出光・イーハトーブトライアル大会」Part1

スパ太郎:ほら。セローは練習でも少し乗ったバイクだし、低速でのトルクがあって足つき性もイイから、楽しめると思うヨ!

さきか:はい。セローなら大丈夫だと思います!

Q:紗喜花のギモン④ 装備はどうしたら良いですか?

スパ太郎:転ばないように走るのが大前提だけど、万一に備えてプロテクター類は万全にね! プロテクターはオレのを貸そう! モトクロスブーツは固くて歩き難いから不向き。トライアル専用ブーツなら、軽くて歩きやすく、滑り難いから一番お薦めだよ!

プロテクター

こーんな装備を準備しました!

さきか:ヘルメットは、このツーリング用で大丈夫ですか?

スパ太郎:アライヘルメットのCT-Zなら、シールド付きで、バイザーもあるから使い勝手が良いヨ!

さきか:ガエルネのトライアルブーツを、お父さんが買ってくれました。父は昔、オフロードバイクをやっていたので、コレが良いだろう…って!

ガエルネのトライアルブーツ

スパ太郎:そうそう、コレコレ! ホラ。トライアルブーツの底はこんな感じだから、滑りにくい。因みにオレは普段のツーリングでも、このトライアルブーツを愛用しているよ!

さきか:装備もバッチリ! あとは天気が良いコトを願いつつ…。岩手に行くのが楽しみですね!

次号では、紗喜花ちゃん初体験の「観戦トレイルツアー」を紹介しまーす。
ボクの予告通り、走るだけではなく、ライダーとの交流、地元の方との交流も、満喫できましたー!

■紗喜花 LINK
紗喜花 Instagram:@sakikasss
紗喜花 Twitter:@sakikasss
モデルを務めるKENZOのHP:https://www.kenzo.com/en/suntosun/

■第40回 出光イーハトーブトライアル大会

開催日:2016年8月27(土)~28(日)
開催場所:岩手県 北緯40度線周辺地域
主催者:テレビ岩手、出光イーハトーブトライアル大会運営実行団
大会公式HP:http://www.sukaheru.net/~ihatove/


「出光・イーハトーブトライアル大会」に連れて行こう~!Part-2|バイク輸送・陸送・配送ならBAS