お役立ちコラムcolumn

季節別ツーリング用の服装

季節別ツーリング用の服装

バイクに乗る際は、転倒のダメージをやわらげるウェアを選ぶことが大切ですが、機能性だけでなく、季節に応じた快適性も考慮したいものです。ここでは、機能性、快適性を考慮したツーリング用の服装を季節別にご紹介します。

春秋の服装

ライダーにとって、一番快適な季節は春と秋です。ジャケットは、中厚手のナイロンジャケットか、レザージャケットを選びます。パンツは、強度のあるレザーパンツがベストです。防風加工が施されたライディング用のジーンズも販売されているので、それを選ぶのもよいでしょう。

気を付けたいのは寒暖差です。山間部や海岸は街よりも冷え込みますし、夕暮れ時は日中よりも冷え込みが厳しくなります。その場合は、インナーを数種類用意して対応しましょう。

風を受ける拳は思った以上に冷えますので、ウィンターグローブを利用しましょう。少々ごわついていて操作性が悪いですが、指先の冷えを防ぐことができます。レザータイプのウィンターグローブは、使い込むと風合いが増すのでおすすめです。

夏の服装

真夏でもレザーウェアを着用している人を見かけますが、暑いですし、季節感があるとはいえません。そこでおすすめなのがメッシュジャケットです。

メッシュジャケットは、適度に空気をジャケット内に取り込むため、ほどよく涼しく、それでいて紫外線や転倒から身を守ってくれます。「どうしてもレザーが着たい」という人は、パンチホールタイプのレザージャケットがよいでしょう。

パンツは、前述したライディング用のジーンズが快適です。普通のデニムでも中にパットを装着しておけば、転倒した際の膝へのダメージを抑えることができます。

グローブは、手のひらや甲をプロテクトしたメッシュタイプが快適です。夏の服装は、バイクを降りた後の快適性も考慮して選びましょう。  >>夏の日焼け対策はコチラ[BASコラム]

冬の服装

ライダーにとって、もっとも過酷な季節、それが冬です。バイク用のウィンターウェアは、スキーウェア、スノーボードウェア以上に保温性に優れているものがあるため、バイク用のウィンタージャケット、パンツ、インナーを合わせることで、冬でも快適に走ることができます。

ヘルメットは安全性、保温性を考慮してフルフェイスにしましょう。また、巻き上げた冷たい風が顔を冷やすので、ネックウォーマーを使って襟元からの風を遮断したり、薄手のマスクを被ったりして、防寒しましょう。

グローブは厚手のウィンターグローブを選びます。ブーツは厚手のソックスをはけるよう、少し大きめのものがよいでしょう。

一部のライダーたちは毎年、稚内の宗谷岬で初日の出を見るためにツーリングをしますが、もしそういったツーリングにチャレンジするのであれば上記のように防寒のことなどをしっかりと考えた服装で走りましょう。

蛇足ですが、ライダーの定番「レザー」は皮が冷えて身体の熱を奪うため、冬のライディングには不向きです。

暑いときは、できるだけ涼しく、寒いときはできるだけあたたかい服装をすることで、快適にライディングを楽しめます。ぜひ上記の記事を参考にして、季節に合ったツーリングの服装を選んでください。


このページのトップへ